• 返回首頁
    當前位置: 首頁 »日語閱讀 » 日本名家名篇 » 江戶川亂步 » 正文

    紅房子(4)

    時間: 2021-08-07    進入日語論壇
    核心提示: それは今からざっと三年計(ばか)り以前のことでした。その頃は今も申上げました様に、あらゆる刺戟に飽きはてて何の生甲斐もな
    (單詞翻譯:雙擊或拖選)
     それは今からざっと三年(ばか)り以前のことでした。その頃は今も申上げました様に、あらゆる刺戟に飽きはてて何の生甲斐もなく、丁度一匹の退屈という名前を持った動物ででもある様に、ノラリクラリと日を暮していたのですが、その年の春、といってもまだ寒い時分でしたから多分二月の終りか三月の始め頃だったのでしょう、ある夜、私は一つの妙な出來事にぶつかったのです。私が百人もの命をとる様になったのは、実にその晩の出來事が動機を()したのでした。
     どこかで夜更しをした私は、もう一時頃でしたろうか。少し酔っぱらっていたと思います。寒い夜なのにブラブラと(くるま)にも乗らないで家路を辿っていました。もう一つ橫町を曲ると一町ばかりで私の家だという、その橫町を何気なくヒョイと曲りますと、出會頭(であいがしら)に一人の男が、何か狼狽している様子で慌ててこちらへやって來るのにバッタリぶつかりました。私も驚きましたが男は一層驚いたと見えて暫く黙って()っ立っていましたが、おぼろげな街燈の光で私の姿を認めるといきなり「この辺に醫者はないか」と尋ねるではありませんか。よく()いて見ますと、その男は自動車の運転手で、今そこで一人の老人を(こんな夜中に一人でうろついていた所を見ると多分浮浪の徒だったのでしょう)轢倒(ひきたお)して大怪我をさせたというのです。なる程見れば、すぐ二三間向うに一臺の自動車が停っていて、その(そば)に人らしいものが倒れてウーウーと(かす)かにうめいています。交番といっても大分遠方ですし、それに負傷者の苦しみがひどいので、運転手は何はさて置き先ず醫者を探そうとしたのに相違ありません。
     私はその辺の地理は、自宅の近所のことですから、醫院の所在などもよく(わきま)えていましたので早速こう教えてやりました。
    「ここを左の方へ二町ばかり行くと左側に赤い軒燈の()いた家がある。M醫院というのだ。そこへ行って叩き起したらいいだろう」
     すると運転手はすぐ様助手に手伝わせて、負傷者をそのM醫院の方へ運んで行きました。私は彼等の後ろ姿が闇の中に消えるまで、それを見送っていましたが、こんなことに係合っていてもつまらないと思いましたので、やがて家に帰って、――私は獨り者なんです。――(ばあ)やの()いて呉れた(とこ)這入(はい)って、酔っていたからでしょう、いつになくすぐに眠入(ねい)って了いました。

    輕松學日語,快樂背單詞(免費在線日語單詞學習)---點擊進入
    頂一下
    (0)
    0%
    踩一下
    (0)
    0%

    熱門TAG:
    [查看全部]  相關評論
    欧美日韩电影在线视频观