• 返回首頁
    當前位置: 首頁 »日語閱讀 » 日本名家名篇 » 江戶川亂步 » 正文

    紅房子(7)

    時間: 2021-08-07    進入日語論壇
    核心提示:(T氏はここで一寸言葉を切って、気味悪く笑った) この場合「危いッ」と聲をかけた私は明かに殺人者です。併し誰が私の殺意を
    (單詞翻譯:雙擊或拖選)
    (T氏はここで一寸言葉を切って、気味悪く笑った)
     この場合「危いッ」と聲をかけた私は明かに殺人者です。併し誰が私の殺意を疑いましょう。何の(うら)みもない見ず知らずの人間を、ただ殺人の興味の為ばかりに、殺そうとしている男があろうなどと想像する人がありましょうか。それに「危いッ」という注意の言葉は、どんな風に解釈して見たって、好意から出たものとしか考えられないのです。表面上では、死者から感謝されこそすれ決して恨まれる理由がないのです。皆さん、何と安全至極な殺人法ではありませんか。
     世の中の人は、悪事は必ず法律に觸れ相當の処罰を受けるものだと信じて、愚にも安心し切っています。誰にしたって法律が人殺しを見逃そうなどとは想像もしないのです。ところがどうでしょう。今申上げました二つの実例から類推出來る様な少しも法律に觸れる気遣いのない殺人法が考えて見ればいくらもあるではありませんか。私はこの事に気附いた時、世の中というものの恐ろしさに戦慄するよりも、そういう罪悪の余地を殘して置いて呉れた造物主の余裕を此上もなく愉快に思いました。ほんとうに私はこの発見に狂喜しました。何とすばらしいではありませんか。この方法によりさえすれば、大正の聖代(せいだい)にこの私丈けは、謂わば斬捨て御免(ごめん)も同様なのです。
     そこで私はこの種の人殺しによって、あの死に相な退屈をまぎらすことを思いつきました。絶対に法律に觸れない人殺し、どんなシャーロック?ホームズだって見破ることの出來ない人殺し、ああ何という申分のない眠け醒しでしょう。以來私は三年の間というもの、人を殺す楽しみに耽って、いつの間にかさしもの退屈をすっかり忘れはてていました。皆さん笑ってはいけません。私は戦國時代の豪傑の様に、あの百人斬りを、無論文字通り斬る訳ではありませんけれど、百人の命をとるまでは決して中途でこの殺人を止めないことを、私自身に誓ったのです。
     今から三月ばかり前です、私は丁度九十九人だけ済ませました。そして、あと一人になった時先にも申上げました通り私はその人殺しにも、もう飽きあきしてしまったのですが、それは兎も角、ではその九十九人をどんな風にして殺したか。勿論九十九人のどの人にも少しだって恨みがあった訳ではなく、ただ人知れぬ方法とその結果に興味を持ってやった仕事ですから、私は一度も同じやり方を繰返す様なことはしませんでした。一人殺したあとでは、今度はどんな新工夫でやっつけようかと、それを考えるのが又一つの楽しみだったのです。
     併し、この席で、私のやった九十九の異った殺人法を(ことごと)く御話する暇もありませんし、それに、今夜私がここへ參りましたのは、そんな個々の殺人方法を告白する為ではなくて、そうした極悪非道の罪悪を犯してまで、退屈を免れ様とした、そして又、遂にはその罪悪にすら飽きはてて、今度はこの私自身を亡ぼそうとしている、世の常ならぬ私の心持をお話して皆さんの御判斷を仰ぎたい為なのですから、その殺人方以については、ほんの二三の実例を申上げるに止めて置き度いと存じます。
     この方法を発見して間もなくのことでしたが、こんなこともありました。私の近所に一人の按摩(あんま)がいまして、それが不具などによくあるひどい強情者でした。他人が深切(しんせつ)から色々注意などしてやりますと、卻ってそれを逆にとって、目が見えないと思って人を馬鹿にするなそれ位のことはちゃんと俺にだって分っているわいという調子で、必ず相手の言葉にさからったことをやるのです。どうして並み並みの強情さではないのです。

    輕松學日語,快樂背單詞(免費在線日語單詞學習)---點擊進入
    頂一下
    (0)
    0%
    踩一下
    (0)
    0%

    熱門TAG:
    [查看全部]  相關評論
    欧美日韩电影在线视频观