• 返回首頁
    當前位置: 首頁 »日語閱讀 » 日本名家名篇 » 江戶川亂步 » 正文

    紅房子(11)

    時間: 2021-08-08    進入日語論壇
    核心提示: あとにも先にも、私が警察の取調を受けたのはたった二度きりですが、その一つがこの場合でした。何分人の見ていない所で起った
    (單詞翻譯:雙擊或拖選)
     あとにも先にも、私が警察の取調を受けたのはたった二度きりですが、その一つがこの場合でした。何分人の見ていない所で起った事件ですから、一応の取調べを受けるのは當然です。併し、私とその友達とは親友の間柄でそれまでにいさかい一つした事もないと分っているのですし、又當時の事情としては、私も彼もその海底に巖のあることを知らず、幸い私は水泳が上手だった為に危い所をのがれたけれども、彼はそれが下手だったばっかりにこの不祥事を惹起(ひきおこ)したのだということが明白になったものですから、難なく(うたがい)は晴れ、私は卻って警察の人達から「友達をなくされてお気の毒です」と悔みの言葉までかけて貰う有様でした。
     いや、こんな風に一つ一つ実例を並べていたんでは際限がありません。もうこれ丈け申上げれば、皆さんも私の所謂絶対に法律にふれない殺人法を、大體御分り下すったことと思います。凡てこの調子なんです。ある時はサーカスの見物人の中に混っていて、突然、ここで御話するのは恥しい様な途方もない変てこな姿勢を示して、高い所で綱渡をしていた女蕓人の注意を奪い、その女を墜落させて見たり、火事場で、我子を求めて半狂亂の様になっていたどこかの細君に、子供は家の中に寢かせてあるのだ「ソラ泣いている聲が聞えるでしょう」などと暗示を與えて、その細君を猛火の中へ飛込ませ、つい焼殺して了ったり、或は又、今や身投げをしようとしている娘の背後から、突然「待った」と頓狂な聲をかけて、そうでなければ、身投げを思いとまったかも知れない其娘を、ハッとさせた拍子に水の中へ飛込ませて了ったり、それはお話すれば限りもないのですけれど、もう大分夜も更けたことですし、それに、皆さんもこの様な殘酷な話はもうこれ以上御聞きになりたくないでしょうから、最後に少し風変りなのを一つ丈け申上げてよすことに致しましょう。
     今まで御話しました所では、私はいつも一度に一人の人間を殺している様に見えますが、そうでない場合も度々あったのです。でなければ、三年足らずの年月の間に、しかも少しも法律にふれない様な方法で、九十九人もの人を殺すことは出來ません。その中でも最も多人數を一度に殺しましたのは、そうです、昨年の春のことでした。皆さんも當時の新聞記事できっと御読みのことと思いますが、中央線の列車が顛覆(てんぷく)して多くの負傷者や死者を出したことがありますね、あれなんです。
     なに馬鹿馬鹿しい程雑作(ぞうさ)もない方法だったのですが、それを実行する土地を探すのには可也(かなり)手間どりました。ただ最初から中央線の沿線ということ丈けは見當をつけていました。というのは、この線は、私の計畫には最も便利な山路を通っているばかりでなく、列車が顛覆した場合にも、中央線には日頃から事故が多いのですから、ああ又かという位で他の線程目立たない利益があったのです。
     それにしても、註文通りの場所を見つけるのには仲々(なかなか)骨が折れました。結局M駅の近くの崖を使うことに決心するまでには、十分一週間はかかりました。M駅には一寸した溫泉場がありますので、私はそこのある宿へ泊り込んで、毎日毎日湯に入ったり散歩をしたり、如何(いか)にも長逗留(ながどまり)の湯治客らしく見せかけようとしたのです。その為に又十日余り無駄に過さねばなりませんでしたが、やがてもう大丈夫だという時を見計らって、ある日私はいつもの様にその辺の山路を散歩しました。

    輕松學日語,快樂背單詞(免費在線日語單詞學習)---點擊進入
    頂一下
    (0)
    0%
    踩一下
    (0)
    0%

    熱門TAG:
    [查看全部]  相關評論
    欧美日韩电影在线视频观