• 返回首页
    当前位置: 首页 »日语阅读 » 日本名家名篇 » 江户川乱步 » 正文

    红房子(15)

    时间: 2021-08-08    进入日语论坛
    核心提示: 突如、女のすすり泣の外に、もう一つの異様な声が聞えて来た。それは、最早や藻掻(もが)くことを止めて、ぐったりと死人の様に
    (单词翻译:双击或拖选)

     突如、女のすすり泣の外に、もう一つの異様な声が聞えて来た。それは、最早や藻掻(もが)くことを止めて、ぐったりと死人の様に横わっていた、T氏の口から()れるらしく感じられた。氷の様な戦慄が私の背中を這い上った。
    「クックックックッ……」
     その声は見る見る大きくなって行った。そして、ハッと思う間に、瀕死(ひんし)のT氏の身体(からだ)がヒョロヒョロと立上った。立上ってもまだ「クックックックッ」という変な声はやまなかった。それは胸の底からしぼり出される苦痛の唸り声の様でもあった。だが……、若しや……オオ、矢張(やは)りそうだったのか、彼は意外にも、さい(ぜん)から耐らないおかしさをじっと噛み殺していたのだった?!附预丹蟆贡摔悉猡Υ笊诵Δこ訾筏胜榻肖螭??!附预丹?。分りましたか、これが」
     すると、ああ、これは又どうしたことであろう。今の今まであの様に泣入っていた給仕女が、いきなり快活に立上ったかと思うと、もうもう耐らないという様に、身体をくの字にして、これも(また)笑いこけるのだった。
    「これはね」やがてT氏は、あっけにとられた私達の前に、一つの小さな円筒形のものを、掌にのせてさし出しながら説明した?!概¥?/span>膀胱(ぼうこう)で作った弾丸(たま)なのですよ。中に赤インキが一杯入れてあって、命中すれば、それが流れ出す仕掛けです。それからね。この弾丸が偽物だったと同じ様に、さっきからの私の身の上話というものはね、始めから了いまで、みんな作りごとなんですよ。でも、私はこれで、仲々お芝居はうまいものでしょう……。さて、退屈屋の皆さん。こんなことでは、皆さんが始終お求めなすっている、あの刺戟とやらにはなりませんでしょうかしら……」
     彼がこう種明しをしている間に、今まで彼の助手を勤めた給仕女の気転で階下のスイッチがひねられたのであろう、突如真昼の様な電燈の光が、私達の目を?;?/span>(げんわく)させた。そして、その白く明るい光線は、忽ちにして、部屋の中に漂っていた、あの夢幻的な空気を一掃してしまった。そこには、曝露(ばくろ)された手品の種が、醜いむくろを曝していた。緋色の垂絹にしろ、緋色の絨氈にしろ、同じ卓子掛(テーブルか)けや肘掛椅子、はては、あのよしありげな銀の燭台までが、何とみすぼらしく見えたことよ?!赋啶げ课荨工沃肖摔?、どこの隅を探して見ても、最早や、夢も幻も、影さえ(とど)めていないのだった。

    轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
    顶一下
    (4)
    66.67%
    踩一下
    (2)
    33.33%

    热门TAG:
    [查看全部]  相关评论
    欧美日韩电影在线视频观