<sub id="1h9nr"><dfn id="1h9nr"></dfn></sub>

<address id="1h9nr"></address>

                    <form id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"></nobr></nobr></form>
                    <address id="1h9nr"></address>
                      <address id="1h9nr"><listing id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"></nobr></listing></address>
                        返回首頁
                        當前位置: 首頁 »日語閱讀 » 日本名家名篇 » 江戶川亂步 » 正文

                        大金塊-獅子的下巴(2)

                        時間: 2021-10-28    進入日語論壇
                        核心提示: 書生も知らぬといいますし、女中たちを呼んでたずねても、だれもおぼえがないという答えでした?!袱撙胜丹螭?、だれもごぞんじ
                        (單詞翻譯:雙擊或拖選)

                         書生も知らぬといいますし、女中たちを呼んでたずねても、だれもおぼえがないという答えでした。
                        「みなさんが、だれもごぞんじないとすると、これはゆうべの賊が、うっかり落としていったものと考えるほかはありませんね?!?span>
                        「そうかもしれません。しかし、そんな紙きれなんか、べつに賊の手がかりになりそうもないじゃありませんか?!?span>
                         宮瀬氏がつまらなそうにいいますと、明智は長い指で、もじゃもじゃの髪の毛をいじくりながら、意味ありげに、にっこり笑いました。
                        「いや、わたしはそう思いません。もし賊が落としていったものとすると、ここに書いてある數字に何か意味があるのかもしれません?!?span>
                        「數字といっても、小學生の一年生にでもわかるような、つまらない、たし算とひき算じゃありませんか。そんな數字にどんな意味があるとおっしゃるのです?!?span>
                        「まあ、待ってください。ええと、五に三たす八ですね。十三から二ひく十一ですね。八と十一と……アッ、そうかもしれない?!?span>
                         何を思いついたのか、明智はそういいながら、つかつかと部屋のいっぽうの壁に近づきました。
                         その壁には、舊式な、石炭をたく大きな暖爐が切ってあって、暖爐の上の大理石のたなに、金の彫刻のあるりっぱな置き時計がおいてあります。
                         明智はその暖爐の前にあゆみよって、両手で置き時計を持ちあげ、その裏がわや底をねっしんにしらべていましたが、べつになんの発見もなかったとみえて、がっかりしたように、それをもとの場所におきました。
                        「そうじゃない。もっとほかのものだ。八と十一、八と十一……?!?span>
                         明智はきちがいのように、わけのわからぬことをつぶやきながら、また部屋のまん中にもどって、くわしくあたりを見まわしています。
                         不二夫君は、おとうさまのうしろに立って、明智のようすをねっしんに見まもっていました。あの有名な探偵が知恵をしぼっているありさまを、まのあたり見ているのかと思うと、なんだかぞくぞくするほどうれしくなってくるのです。
                         しばらく部屋の中をぐるぐる見まわしていた明智の目が、また、暖爐のたなにもどって、そのまま動かなくなってしまいました。
                        「うん、あれだ。あれにちがいない?!?span>
                         明智はもう、そばに人のいるのもわすれたように、むちゅうになってつぶやくと、暖爐の前にかけより、そこにしゃがんで、みょうなことをはじめました。
                         れいの大理石のたなは、額ぶちのように暖爐をかこんだ、木製のりっぱなわくの上に乗っているのですが、そのわくの大理石の板を受けている部分に、橫に長く、まるいうきぼりの彫刻が、いくつもいくつも、ずっとならんでいるのです。
                         不二夫君は、いつかかぞえたことがあって、そのまるい彫刻が十三あることを知っていました。ちょうど小さな茶わんを十三ならべて()せたような形で、橫にずっとならんでいるのです。
                         明智は、そのまるいうきぼりを右からかぞえたり左からかぞえたり、一つ一つ、ねじでもまわすようにいじくりまわしたり、まるで、子どものいたずらのようなまねをはじめたのです。
                         でも、なかなか思うようにならぬとみえて、しばらく手を休めて、小首(こくび)をかたむけ、ひたいに手をあてて考えてみたり、れいの紙きれを見つめて、口の中で何かブツブツつぶやいたりしていましたが、とつぜん、「アッ、そうだ?!工?、ひとりごとをいったかと思うと、また、まるい彫刻をねっしんにいじりはじめました。そして、とうとう何か秘密のしかけを見つけたらしく、やっと立ちあがって、こちらをむき、にこにこ笑いながらいうのでした。
                        「わかりました。ここにしかけがあったのです。今、どこかしらこの部屋の中に、みょうなことが起こりますから、注意していてください?!?span>
                         そして、もう一度、暖爐の前にしゃがんで、左から五番めのまるい彫刻を、ぐいぐいと右にねじまわし、つぎに十三番めのを左にまわしたかと思いますと、どこかべつの方角でカタンとみょうな音がしました。
                        「アッ、獅子が口をひらいた。おとうさま、ごらんなさい。あの柱の獅子が口をひらきましたよ?!?span>
                         いち早くそれを発見して、とんきょうな聲でさけんだのは不二夫君でした。
                         その聲に一同が不二夫君の指さすところをながめますと、いかにも獅子が口をひらいているのです。
                         暖爐と同じがわの壁に、はば三十センチほど、柱のように出っぱった部分があって、その上のほうに青銅(せいどう)の獅子の頭がつくりつけてあるのです。部屋のかざりなのです。その青銅の獅子が、今までかたくとじていた口を、とつぜん大きくひらいたのです。
                        「アッ、それじゃ、あの獅子のあごにしかけがあったのか?!?span>
                         宮瀬氏は、あきれたようにつぶやきました。
                        「そうです。この暖爐のまるい彫刻を、この紙きれの數字のとおりにまわしますと、壁のうしろにしかけがあって、獅子が口をひらくようになっていたのです。むろん、あの獅子の口の奧が秘密のかくし場所になっていて、賊はそこから、何かたいせつなものをぬすんでいったのにちがいありません。こうしてあれをひらく暗號の紙きれを、ちゃんと用意していたくらいですからね?!?span>
                         明智は説明しながら、つかつかとその獅子の前に近づき、背のびをして、ひらいた口の中へ右手をさし入れました。
                        「からっぽです。何もありません?!?span>
                        「おお、それじゃ、やっぱり賊は、その中のものをぬすんでいったのですね?!?span>
                         宮瀬氏は、青ざめた顔で、がっかりしたようにためいきをつくのでした。

                        輕松學日語,快樂背單詞(免費在線日語單詞學習)---點擊進入
                        頂一下
                        (0)
                        0%
                        踩一下
                        (0)
                        0%

                        熱門TAG:
                        [查看全部]  相關評論
                        浓毛BBwBBWBBwBBw
                        <sub id="1h9nr"><dfn id="1h9nr"></dfn></sub>

                        <address id="1h9nr"></address>

                                          <form id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"></nobr></nobr></form>
                                          <address id="1h9nr"></address>
                                            <address id="1h9nr"><listing id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"></nobr></listing></address>