<sub id="1h9nr"><dfn id="1h9nr"></dfn></sub>

<address id="1h9nr"></address>

                    <form id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"></nobr></nobr></form>
                    <address id="1h9nr"></address>
                      <address id="1h9nr"><listing id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"></nobr></listing></address>
                        返回首頁
                        當前位置: 首頁 »日語閱讀 » 日本名家名篇 » 江戶川亂步 » 正文

                        大金塊-電話里的聲音

                        時間: 2021-10-28    進入日語論壇
                        核心提示:電話の聲 宮瀬氏と明智探偵とが、そのふしぎな暗號文のことについて、話しあっているところへ、あわただしく書生がはいってきて
                        (單詞翻譯:雙擊或拖選)

                        電話の聲


                         宮瀬氏と明智探偵とが、そのふしぎな暗號文のことについて、話しあっているところへ、あわただしく書生がはいってきて、主人に電話がかかってきたことを知らせました。
                        「だれからだね?!?span>
                         鉱造氏は書生のほうをふりかえって、めんどうくさそうにたずねました。
                        「名まえはいわないでも、わかっているとおっしゃるのです。ご用をうかがっても、ひじょうに重大な用件だから、ご主人でなければ話せないとおっしゃるのです?!?span>
                        「へんだねえ。ともかく、この卓上電話へつないでごらん。わしが聞いてみるから?!?span>
                         そして、鉱造氏は、その応接室の片すみにある、小さい機の前へ行って、そこにおいてある受話器を取りました。
                        「もしもし、わたし宮瀬ですが、あなたは?」
                         なにげなく話しかけますと、電話のむこうからは、なんだかひどくうすきみの悪い、しわがれ聲がひびいてきました。
                        「ほんとうに宮瀬さんでしょうね。まちがいありますまいね?!?span>
                        「宮瀬ですよ。早く用件をおっしゃってください。いったいあなたはだれです?!?span>
                         鉱造氏はかんしゃくを起こして、少し強い聲でたずねました。
                        「あ、そうですか。では申しますがね。わたしは、昨晩、あなたのおるすちゅうに、お宅へおじゃましたものです。ウフフ……、こういえば、べつに名を名のらなくても、よくおわかりでしょうな?!?span>
                         電話の聲は、おそろしいことをいって、きみ悪く笑いました。ああ、なんということでしょう。どろぼうから電話がかかってきたのです。ゆうべ暗號の半分をぬすみだしていった悪者が、大膽不敵(だいたんふてき)にも、電話をかけてきたのです。
                         宮瀬氏は、あまりのことに、なんと答えてよいのか考えもうかばず、ちょっとためらっていますと、先方はあわてたように、またしゃべりだしました。
                        「もしもし、電話を切ってはいけませんよ。たいせつな相談があるのだから。……あなたは、びっくりしているようですね。フフフ……、ごもっともです。どろぼうが電話をかけるなんて、あまり世間にためしのないことですからね。しかし、まあ聞いてください。きょうはあなたと商売上の取り引きをしようというのです。けっしてらんぼうな話ではないのです。聞いてくれますか?!?span>
                         名探偵明智小五郎は、宮瀬氏の顔色がかわったのを見て、すぐ、卓上電話のそばへ近づいてきました。そして、宮瀬氏の持っている受話器に耳をよせて、そこからかすかにもれてくる、先方の話し聲を聞きとってしまったのです。
                         宮瀬氏は明智の顔を見て、「どうしたものでしょう?!工?、目でたずねました。探偵は「かまわないから先方のいうことを聞いてごらんなさい?!工趣いσ馕钉蚰郡谴黏à蓼筏?。
                        「ともかく、その用件をいってみたまえ?!?span>
                         宮瀬氏が、しかたなく返事をしますと、きみの悪いしわがれ聲は、さっそく、用件にとりかかりました。
                        「もうお気づきでしょうが、わたしは、ゆうべあなたの家につたわっている、暗號文をちょうだいするために參上したのです。そして、暗號文の半分だけは、しゅびよく手に入れましたが、どうも半分ではしかたがありません。あとの半分は、あなたがどこかへかくしているにちがいないと思いますが、わたしは、そのあなたの持っている半分の暗號を買いたいのです。
                         どうです。売る気はありませんか。わたしは金持ちですよ。百萬円で買いましょう。あの小さな紙きれが百萬円なら、いいねだんじゃありませんか。
                         暗號文の半分は、わたしが手に入れたのです。だから、あなたの手もとにのこっている半分は、紙くずも同様になってしまったのです。半分では暗號がとけっこありませんからね。どうです。その紙くず同様のものを百萬円で買おうというのです。売りませんか?!?span>
                         なんという蟲のよいいいぐさでしょう。半分はぬすんでおいて、あとの半分が紙くず同然になったからといって、一億円のねうちのものを、たった百萬円でゆずり受けようというのです。
                         宮瀬氏は、明智探偵と目で話しあって、売ることはできないと答えました。
                        「じゃ、もう百萬円ふんぱつしましょう。二百萬円出します。それでゆずってください。
                         二百萬円では安いというのですか。一億円の金塊のかくし場所をしるした暗號だから、二百萬円ぐらいではゆずれないというのですか。しかし、よく考えてごらんなさい。あの暗號はあなたのおじいさんが書いたものですよ。それからきょうまで、何十年という月日がたっています。そんな長いあいだ、あなた方は、あの暗號文をとくことができなかったじゃありませんか。たとえ、暗號の紙がぜんぶそろっていても、あなた方の知恵ではきゅうにとけるはずはありません。
                         とけない暗號なんか、だいじそうに持っていたって、なんにもならないじゃありませんか。まして、今ではそれが半分になってしまったのですから、あなたにとっては、まったく、なんのねうちもないのです。
                         その紙くず同然のものを、わたしは二百萬円で買おうというのです。お売りなさい。お売りになったほうが、あなたのためですよ?!?span>
                         賊が、あまりばかばかしい相談を持ちかけてきますので、宮瀬氏は少しおかしくなってきました。こちらも、相手をからかってやりたいような、気持ちになってきました。
                        「ハハハ……、だめだめ、そんなねだんで売れるものか。それよりも、きみのぬすんでいった半分を買いもどしたいくらいだ。どうだね、きみのほうこそ、暗號文の半分をわしに売る気はないかね?!?span>
                        「フフフ、おいでなすったな。よろしい。売ってあげましょう。そのかわり、わたしのほうのは少し高いですよ。一千萬円です。一千萬円がびた一文かけてもだめです。どうです。買う気がありますか。フフフ……、買えますまい。だいいち、あなたの家には一千萬円なんてお金はありゃしない。それよりも、悪いことはいわない。わたしにお売りなさい。二百萬円でいやなら、三百萬円出しましょう。え、まだ安いというのですか。じゃ、もうひとふんぱつしましょう。五百萬円だ。さあ、五百萬円で売りますか、売りませんか?!?span>
                         賊はまるで、じょうだんのように、だんだんねだんをせり上げてきました。
                        「つまらない話はよしたまえ。五百萬円であろうと八百萬円であろうと、わしがどろぼうなんかと取り引きをするような人間だと思っているのか。それよりも、きみはつかまらない用心をするがいい。わしも、たいせつな暗號をぬすまれて、だまっているつもりはないからね?!?span>
                         宮瀬氏は、きっぱりと賊の申し出をはねつけました。
                        「フフン、それがあなたの最後の返事ですか。せっかくしんせつにいってやっているのに、それじゃあなたは、元も子もなくなってしまいますよ。売らないといえば買わぬまでです。そのかわりに、こんどは少し手荒らいことをはじめるかもしれませんよ。あなたこそ用心するがいいのだ。わたしは、どんなことをしても、あなたの持っている暗號の半分を手に入れてみせますからね?!?span>
                        「とれるものなら、とってみるがいい。わしのほうには、きみたち盜賊が鬼のようにおそれている名探偵がついているのだからね?!?span>
                        「フフン、名探偵ですって? 明智小五郎ですか。相手にとって不足はありませんよ。ひとつ明智探偵と知恵くらべをやりますかね。
                         じゃ、せいぜいご用心なさいよ。今にどんなことが起こるか、そのときになって泣きっつらをしないようにね。念のためにいっておきますがね。電話を切ったあとで、交換局へぼくの住所をたずねてもむだですよ。ぼくは公衆電話で話しているのですからね?!?span>
                         そして、ぷっつり電話は切れてしまいました。
                         さあ、いよいよ戦いです。
                         どろぼうはまだ何者ともわかりませんが、ぬすみをはたらいた家へ、ずうずうしく電話をかけてくるほどのやつですから、よほどきものすわった悪漢にちがいありません。
                         賊は宮瀬氏に「今にどんなことが起こるか、そのときになって泣きっつらをしないように?!工?、さも自信ありげにいいましたが、いったい、どんなおそろしいてだてを考えているのでしょう。
                         賊は暗號の半分が、宮瀬氏の指輪の中にかくしてあることは、まだ、少しも気づいていないはずです。では、どうしてそのありかを見つけだすつもりなのでしょう。賊のほうには何か、暗號そのものを見つけだすよりも、もっと別のうまいてだてがあるのではないでしょうか。
                         賊がしゅびよく目的をはたすか、名探偵明智小五郎が勝利を得るか、いよいよ死にものぐるいの知恵くらべがはじまろうとするのです。


                        輕松學日語,快樂背單詞(免費在線日語單詞學習)---點擊進入
                        頂一下
                        (0)
                        0%
                        踩一下
                        (0)
                        0%

                        熱門TAG:
                        [查看全部]  相關評論
                        浓毛BBwBBWBBwBBw
                        <sub id="1h9nr"><dfn id="1h9nr"></dfn></sub>

                        <address id="1h9nr"></address>

                                          <form id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"></nobr></nobr></form>
                                          <address id="1h9nr"></address>
                                            <address id="1h9nr"><listing id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"></nobr></listing></address>