<sub id="1h9nr"><dfn id="1h9nr"></dfn></sub>

<address id="1h9nr"></address>

                    <form id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"></nobr></nobr></form>
                    <address id="1h9nr"></address>
                      <address id="1h9nr"><listing id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"></nobr></listing></address>
                        返回首頁
                        當前位置: 首頁 »日語閱讀 » 日本名家名篇 » 江戶川亂步 » 正文

                        大金塊-替身少年

                        時間: 2021-10-28    進入日語論壇
                        核心提示:かえ玉少年「明智さん、だいじょうぶでしょうか。わたしはあんな強いことをいったものの、なんだか心配でしかたがありません。あ
                        (單詞翻譯:雙擊或拖選)

                        かえ玉少年


                        「明智さん、だいじょうぶでしょうか。わたしはあんな強いことをいったものの、なんだか心配でしかたがありません。あいつは長いあいだ暗號をつけねらっていたらしいようすです。おそろしく執念ぶかいやつです。このつぎには、いったいどんなたくらみをするかと思うと、気が気ではありません。明智さん、何かうまいお考えはないでしょうか?!?span>
                         宮瀬氏は、青ざめた顔で、名探偵の知恵にすがるようにいうのでした。
                        「ぼくも今、それを考えているのです。あいつはもう一度、ここへやってくると思います。この家へ近づかなくては、暗號の半分を、手に入れることはできないのですからね。
                         われわれはそれを待っていればいいのです。そして、ぎゃくにあいつのかくれ家をつきとめて、ぬすまれた暗號を取りもどせばいいのです。しかし、あいつもなかなか悪がしこいやつですから、たとえこの家へやってくるにしても、われわれのゆだんを見すまして、何か思いもよらないやりかたで、不意うちをするつもりにちがいありません。
                         われわれは、それをふせぐことを考えなければなりません。相手のてだてにのらない用心をしなければなりません?!?span>
                         明智はもじゃもじゃの頭に、指をつっこみながら、しきりと考えていましたが、やがて何か思いついたらしく、にこにこしていいだしました。
                        「ああ、こいつは妙案だ。宮瀬さん、ぼくはうまいことを思いつきましたよ。これならばだいじょうぶ、相手にさとられる気づかいはありません。ちょっと電話を拝借します。ぼくの助手の小林という子どもを、ここへ呼びよせたいのです?!?span>
                         宮瀬氏があっけにとられて、ながめているあいだに、明智はもう卓上電話機をとって、明智探偵事務所を呼びだしていました。
                        「ああ、きみ、小林君だね。すぐここへ來てもらいたいんだ。宮瀬さんのお宅、わかっているね。あ、それから、れいの化粧箱を持ってきてくれたまえ。自動車で、急いでね。じゃ、待っているよ?!?span>
                         その電話が切れるのを待って、宮瀬氏はいぶかしげにたずねました。
                        「明智さん、その妙案というのは、どんなことなんです。わたしには、聞かせてくださってもいいでしょう?!?span>
                        「それは、こういうわけなのです?!?span>
                         明智はあいかわらず、にこにこしながら説明をはじめました。
                        「賊が何かたくらみをするために、もう一度ここへやってくるとすれば、それをふせがなければなりません。いちばんいいのは、ぼくがお宅へとまりこんで、見はりをつとめることですが、それでは相手が用心をして近づかないかもしれません。
                         たとえ変裝するにしても、家族がひとりふえたとなると、あんな悪がしこいやつですから、きっとあやしむにちがいありません。それにしても、さいぜんあなたが、ぼくの名を賊におっしゃったのはまずかったですよ。ぼくが、この事件に関係しているとわかっては、賊はいよいよ用心ぶかくなりますからね。
                         それで、ぼくのかわりにだれかと考えたのですが、けっきょく、ぼくの助手の小林に、この役をつとめさせることを思いついたのです。
                         小林を使うというのには、わけがあります。じつはお宅へうかがったときから、気づいていたのですが、こちらのぼっちゃん、不二夫君といいましたね。あのぼっちゃんがからだのかっこうから、顔のまるいところなんか、ぼくの助手の小林と、ひじょうによく似ているのです。年は小林のほうが上でしょうが、ぼっちゃんは大がらなので、せいの高さなども同じぐらいなのです。
                         そこで、ぼくはへんなことを考えついたのですよ。少しとっぴな考えですから、おおどろきになるかもしれませんが、助手の小林を不二夫君のかえ玉にして、しばらくここへ、とまらせていただくことにしたいと思うのです?!?span>
                         それを聞きますと、あんのじょう、宮瀬氏は目をまるくしました。
                        「へえ、うちの不二夫のかえ玉ですって? で、いったいそれは、どういうお考えなのです?!?span>
                        「小林を不二夫君に変裝させて、不二夫君の部屋に住まわせるのです。夜も不二夫君のベッドに寢させるのです。まさか、そのかえ玉を學校へ通わせることはできませんが、かぜをひいたていにして、休ませておけばいいのです。そして、賊のやってくるのを待つのです。小林はまだ子どもですが、探偵の仕事にかけては、じゅうぶん、ぼくのかわりがつとまるほどの腕まえを持っています。けっしてへまをやるようなことはありません?!?span>
                        「なるほど、そういうわけですか。しかし、それじゃほんとうの不二夫のほうはどうするのです。不二夫がふたりもいては、おかしいじゃありませんか?!?span>
                        「ほんとうの不二夫君は、しばらくぼくがおあずかりしたいのです。助手の小林に変裝させて、ぼくの家にいていただくことにしたいのです。學校のほうは、少しのあいだ休ませなければなりませんが、そのかわりに、ぼくなり、ぼくの家內なりが先生になって、みっちり勉強させますよ。
                         なぜ、そんな手數のかかるまねをするかといいますとね、これにはもう一つ別のわけがあるのですよ。というのは、ぼくは不二夫君の身のうえに、何か危険なことが起こりはしないかと、心配するからです。
                         賊は、あなたの指輪の秘密を知りませんから、暗號そのものをぬすみだすことはできません。何か、あなたにひどい苦しみをあたえて、あなたががまんしきれなくなるように、しむけるにちがいありません。
                         それには、さしあたって、不二夫君がいちばん目をつけられやすいと思うのです。子どもをかどわかして、その身のしろとして、暗號の半分をよこせという、よくある手です。ぼくは、賊がそれを考えているんじゃないかとおそれるのです。さっきの電話の口ぶりが、なんだかそんなふうに感じられましたからね?!?span>
                        「ふうん、なるほど、おもしろい考えですね。そうすれば不二夫も安全だし、あなたの少年助手も、だれにもうたがわれないで、わたしの家にとまりこめるというわけですね。なるほど、こいつは名案ですね?!?span>
                         宮瀬氏はしきりに感心するのでした。目の中へ入れてもいたくないほどかわいがっている不二夫君を、賊にかどわかされでもしたら、それこそたいへんです。それを、明智探偵が、あらかじめふせいでくれるというのですから、これほど安心なことはありません。宮瀬氏は、喜んで明智の考えにしたがうことになりました。
                         それからまもなく、(おもて)に自動車のとまる音がして、小林少年が、手に小型のトランクをさげて、書生に案內されてはいってきました。
                         明智探偵は、小林君を宮瀬氏にひきあわせてから、小型トランクを受けとって、その中をちょっとしらべていましたが、何かうなずきながら、パタンとふたをしめて、
                        「宮瀬さん、これはぼくの変裝用の化粧箱ですよ。この中にいろいろな絵の具やはけなどがはいっているのです?!?span>
                        と説明しました。
                         それから、明智は、別の部屋にいた不二夫君を呼んでもらい、小林少年とふたりをつれて、化粧室へはいりました。
                         不二夫君は、小林少年に変裝するのだと聞かされて、いやがるどころか、うちょうてんになって喜んでしまいました。あの有名な少年助手にばけて、日本一の名探偵の事務所で暮らせるのだと思うと、もう、うれしくてしようがないのです。
                         それから三十分ほどしますと、明智探偵は、変裝させたふたりの少年を左右にしたがえて、もとの応接間へもどってきました。
                        「ほう、これはどうだ。おまえが不二夫かい。すっかり少年探偵になってしまったね。それに、小林君も、そうして小學生服を著ると、不二夫とそっくりですよ。明智さん、あなたのお手なみが、これほどとは思いませんでした。じつにおどろきましたよ?!?span>
                         宮瀬氏はすっかり感心して、ふたりの少年を見くらべるのでした。
                         それから、いろいろなうちあわせがすみますと、明智探偵は、不二夫君になりすました小林助手をあとにのこし、少年助手にばけた不二夫君をつれて、宮瀬邸を立ちさりましたが、探偵のそばによりそって、玄関の石段をおりていく不二夫君は、中學生のように長いズボンをはいて、りんごのようにつやつやした顔を、さもうれしそうにほころばせ、どこからながめても、名探偵の少年助手としか見えないのでした。
                         さて、読者諸君、こうして世にもふしぎな取りかえっこの計略は、しゅびよくなしとげられたのですが、それにしても、明智探偵の考えは、はたしてあたったでしょうか。賊はもう一度、宮瀬邸へやってくるのでしょうか。來るとすれば、いったいどんなふうにして、何をしに來るのでしょう。
                         その夜のことです。不二夫君にばけた小林少年は、かりのおとうさまの宮瀬氏に「おやすみなさい?!工颏い盲?、さきにベッドにはいったのですが、なれぬ部屋、なれぬベッドのことですから、なんとなく目がさえて、きゅうには寢つかれないのです。
                         寢つかれぬままに、まじまじと窓のほうをながめていますと、ひるま明智先生から聞かされた、ゆうべのできごとが思いだされます。
                         ああ、あのカーテンのあいだから、ピストルのつつ口がのぞいていたんだな。そして、この天井から、賊の脅迫狀がひらひらとまいおりてきたんだな。そのときの不二夫君の気持ちはどんなだったろう、などと考えると、いよいよ目がさえるばかりです。
                         ゆうべとはちがって、そのカーテンが少しひらいているので、窓のガラス戸が見えています。そしてその外は(すみ)を流したようなまっ暗やみです。
                         ハッと気がつくと、そのやみの中に、何か白いものが動いていました。人の顔です。鳥打ち帽をまぶかにかぶった、あやしげな人の顔です。
                         小林君は、思わずベッドをとびおりました。そして、窓とは反対の入り口のほうへかけより、ドアをひらくと、いきなり「喜多村さあん?!工?、書生の名を呼びたてました。
                         それから家中の大さわぎになって、宮瀬氏はもちろん、書生も、小林君も、手に懐中電燈を持って庭におり、あやしい人影の見えたあたりを、あちこちとさがしまわりましたが、いち早く逃げさったものとみえて、どこにも人のけはいさえないのでした。
                         やっぱり明智探偵の心配はあたっていたのです。賊は案にたがわず、不二夫少年をねらいはじめたのです。その夜はさいわい、なにごともなく終わりましたが、このぶんでは、いつどんな手段で、賊は不二夫君を、いや不二夫君にばけた小林少年を、かどわかさないともかぎりません。
                         そして、その心配は、まもなくじっさいとなってあらわれました。賊は、じつにふしぎな手段によって、小林君をかどわかしたのです。まるで考えもおよばないような、奇想天外(きそうてんがい)の手段によって、目的をはたしたのです。
                         ああ、それはいったいどのような手段だったのでしょう。そして賊のために、まんまとかどわかされた小林君は、どこへつれさられ、どんなめにあうのでしょうか。

                        輕松學日語,快樂背單詞(免費在線日語單詞學習)---點擊進入
                        頂一下
                        (0)
                        0%
                        踩一下
                        (0)
                        0%

                        熱門TAG:
                        [查看全部]  相關評論
                        浓毛BBwBBWBBwBBw
                        <sub id="1h9nr"><dfn id="1h9nr"></dfn></sub>

                        <address id="1h9nr"></address>

                                          <form id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"></nobr></nobr></form>
                                          <address id="1h9nr"></address>
                                            <address id="1h9nr"><listing id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"></nobr></listing></address>