<sub id="1h9nr"><dfn id="1h9nr"></dfn></sub>

<address id="1h9nr"></address>

                    <form id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"></nobr></nobr></form>
                    <address id="1h9nr"></address>
                      <address id="1h9nr"><listing id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"></nobr></listing></address>
                        返回首頁
                        當前位置: 首頁 »日語閱讀 » 日本名家名篇 » 江戶川亂步 » 正文

                        大金塊-魔法長椅

                        時間: 2021-10-28    進入日語論壇
                        核心提示:魔法の長イス それから二日のあいだは、なにごともなくすぎましたが、さて、三日めの午後のことです。宮瀬家の門のそとに、一臺
                        (單詞翻譯:雙擊或拖選)

                        魔法の長イス


                         それから二日のあいだは、なにごともなくすぎましたが、さて、三日めの午後のことです。宮瀬家の門のそとに、一臺のトラックがとまって、ふたりの職人みたいな男が、大きな荷物をかつぎこんできました。
                         書生の喜多村が、玄関へ出てみますと、職人みたいな男のひとりが、何か書きつけを見ながら、
                        大門(だいもん)洋家具店のものですが、ご注文の長イスを、おとどけにまいりました?!?span>
                        というのです。書生はそんな長イスが注文してあるということを、ご主人から聞いていませんでしたが、大門という店の名は、まえにイスや機を注文したことがあるので、よく知っていました。
                        「今、ご主人がおるすだし、ぼくは何も聞いていないので、わからないが、たしかにうちから注文したのでしょうね?!?span>
                        と、たしかめますと、男はにこにこ笑って、
                        「まちがいありませんよ。こちらのだんなが、わざわざ店へおいでになって、おあつらえになったのですからね。ぼっちゃんの部屋へおかれるというので、すこし小型につくったのです?!?span>
                        といいながら、長イスの上にかぶせてあった白い布を取りのけて見せましたが、なかなかりっぱな長イスです。
                        「それじゃ、ともかくおいていってください。しかし、玄関へおきっぱなしにされてもこまるが……?!?span>
                        といいますと、職人は、またなれなれしい笑顔になって、
                        「ぼっちゃんの部屋へはこんでおきましょうか。ぼっちゃんにも一度見ていただくほうがいいでしょうからね?!?span>
                        というのです。書生は深い考えもなく、それもよかろうと思いましたので、さきに立って不二夫君の勉強部屋へ案內しました。ふたりの男は、そのあとから、おもい長イスを、えっちらおっちらと、はこぶのでした。
                         不二夫君にばけた小林少年は、ふいに大きな長イスがはこびこまれましたので、めんくらってしまいました。きっと、ほんものの不二夫君が、おとうさまに、こんな長イスをおねだりしたんだろうと考えましたが、かえ玉のことですから、そういう事情が少しもわかりません。ですから、小林少年としては、不二夫君ならきっとこんな顔をするだろうというような、うれしそうな顔をしてみせるほかはないのでした。
                        「ぼっちゃん、お気に入りましたか。この上でいくらあばれてもいいように、うんとじょうぶにこしらえておきましたよ。へへへ……さて、どのへんにおきましょうかね?!?span>
                         職人は顔に似あわず、なかなかおせじがうまいのです。
                         そこで、小林君は、書生の喜多村君と、ここがいいだろう、あすこがいいだろうと、長イスのおき場所の相談をはじめたのですが、すると、ちょうどそのとき、玄関のほうで、何かわめくような大聲がしたかと思いますと、女中が顔色をかえて走ってきて、
                        「喜多村さん、みょうなよっぱらいがはいってきて、動かないのよ。早く來てください?!?span>
                        と知らせました。泣きだしそうな女中の顔を見ては、ほうっておくわけにいきません。柔道初段の喜多村君は「ようし?!工却黏à胜?、肩をいからせて、女中といっしょに玄関へ出ていきました。
                         イスをはこんできた男たちは、それを見おくって、なぜか顔を見あわせて、にやりと笑いました。そして、ひとりがすばやくドアをしめて通せんぼうをするように、そこに立ちふさがったかと思うと、もうひとりの男が、ゆだんをしている小林君のうしろからとびかかってきました。
                         小林君はおどろいて、聲をたてようとしましたが、アッと思うまに、手ぬぐいをまるめたようなものを、口の中へおしこまれ、聲をたてるどころか、息もできなくなってしまったのです。
                        「さあ、おれがつかまえているから、早くしばってしまえ?!?span>
                         うしろから小林君をだきかかえて、ささやき聲でいいますと、ドアの前に立っていた男が、ポケットから長いなわをとりだして、サッとかけより、もがきまわる小林君の手足を、たちまち、ぐるぐるまきにしばりあげてしまいました。
                         いうまでもなく、このふたりの男は、暗號の半分をぬすんでいったあの悪者の手下だったのです。家具屋にばけて、まんまと不二夫君の部屋へはいったのです。そして、まさかかえ玉とは知らないものですから、小林少年を不二夫君と思いこんで、かどわかそうとしているのです。
                         しかし、男たちは、小林君を、いったいどうしてこの部屋からつれだそうというのでしょう。玄関には書生や女中がいますし、うらのほうから逃げるにしても、晝間のことですから、町にはたくさんの人が通っています。交番にはおまわりさんも見はりをしているのです。その中を、手足をしばった子どもをかついで通りぬけるなんて、思いもよらぬことではありませんか。
                         ところが、賊は、じつにおそろしい悪知恵を持っていたのです。まるで奇術のような、ふしぎなことを考えていたのです。
                         ふたりの男は、小林少年にさるぐつわをはめ、ぐるぐるまきにしばってしまいますと、その部屋にはこんであった、れいの長イスに近よって、みょうなことをはじめました。
                         男たちは、その長イスのクッション(腰かけるところ)に両手をかけて、うんと持ちあげますと、おどろいたことには、そのクッションだけが、すっぽりとはずれて、その下に、人間ひとり橫になれるほどの、すきまがこしらえてあったのです。それが賊の手品の種だったのです。
                         ふたりの男は、しばりあげた小林少年を、わけもなくそのすきまの中へとじこめ、上から、またクッションをはめこみました。すると、長イスはもとのとおりになって、その中に人間がかくされているなんて、外からは少しもわからなくなってしまったのです。
                         仕事をすませたふたりは、にやにやと笑いかわして、そのまま、長イスを部屋の外へはこびだし、えっちらおっちら、玄関のほうへ歩いていきました。
                         書生の喜多村は、やっとよっぱらいの男を追いかえして、もとの不二夫君の部屋へ引っかえそうとしていたのですが、見ると、ふたりの男が、せっかく持ちこんだ長イスを、また、そとへはこびだしてくるようすなので、びっくりして聲をかけました。
                        「おや、どうしたんです。なぜ、それを持ちだすのです?!?span>
                         すると、さきに立った男が、きまりわるそうに笑いながら、こんなことをいうのです。
                        「へへへ……、どうも申しわけのないことをしちまいました。書きつけの読みちがいですよ。念のために、今よくしらべてみましたら、書きつけには宮田(みやた)と書いてあるじゃありませんか。町も番地も同じだったので、ついまちがえたんですよ。宮田と宮瀬のまちがいだったのですよ。へへへ……?!?span>
                         ああ、なんといううまいいいぬけでしょう。相手がさも、まことしやかに、わびるものですから、喜多村は、すっかりごまかされてしまいました。
                        「なあんだ、宮田さんだったのか。道理でどうもへんだと思ったよ。ご主人がイスを注文しておいて、ぼくにだまっていられるはずはないんだからね。宮田さんなら、きみ、この裏手のほうだよ?!?span>
                        「そうですか。へへへ……、とんだおさわがせをして、どうもすみません?!?span>
                         ふたりの男はペコペコおじぎをしながら、長イスをはこびだし、門の前にとめてあったトラックにつみこんで、そのまま大いそぎで出発しました。
                         そして、百メートルも走ったかと思うと、なぜかトラックをとめて、そこに待ちうけていたひとりの男を、車の上に乗せて、また全速力で、走りさってしまいました。
                         その道ばたに待ちうけていた男というのは、さいぜん宮瀬家の玄関をさわがせた、あのよっぱらいだったのです。おどろいたことには、あのよっぱらいも、やっぱり賊の手下だったのです。
                         つまり、その男が、よっぱらいのまねをして、書生や女中を玄関へ引きよせているあいだに、小林少年をしばって、長イスの中へとじこめようという、最初からのたくらみなのでした。
                         ああ、なんということでしょう。晝日なか、女中や書生の目の前で、賊はまんまと小林少年をかどわかしてしまったのです。
                         それにしても、長イスにとじこめられた小林少年は、いったい、どこへつれていかれるのでしょうか。そして、どんなおそろしいめにあうのでしょうか。

                        輕松學日語,快樂背單詞(免費在線日語單詞學習)---點擊進入
                        頂一下
                        (0)
                        0%
                        踩一下
                        (0)
                        0%

                        熱門TAG:
                        [查看全部]  相關評論
                        浓毛BBwBBWBBwBBw
                        <sub id="1h9nr"><dfn id="1h9nr"></dfn></sub>

                        <address id="1h9nr"></address>

                                          <form id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"></nobr></nobr></form>
                                          <address id="1h9nr"></address>
                                            <address id="1h9nr"><listing id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"></nobr></listing></address>