<sub id="1h9nr"><dfn id="1h9nr"></dfn></sub>

<address id="1h9nr"></address>

                    <form id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"></nobr></nobr></form>
                    <address id="1h9nr"></address>
                      <address id="1h9nr"><listing id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"></nobr></listing></address>
                        返回首頁
                        當前位置: 首頁 »日語閱讀 » 日本名家名篇 » 江戶川亂步 » 正文

                        大金塊-地底的牢房(2)

                        時間: 2021-10-28    進入日語論壇
                        核心提示: 首領はビロードの覆面の中で、さもここちよげに笑うのでした?!⌒×志?、あまり平気な顔をしていて、かえってうたがわれては
                        (單詞翻譯:雙擊或拖選)

                         首領はビロードの覆面の中で、さもここちよげに笑うのでした。
                         小林君は、あまり平気な顔をしていて、かえってうたがわれてはいけないと考え、不二夫君なら、きっとこんな顔をするだろうと思われるような、こわくて心配でたまらないという顔をして、じっとうつむいていました。
                        「わかったかね。よしよし、わかったら、きみの部屋が、あちらにちゃんと用意してある。部屋へいってゆっくり休むがいい?!?span>
                         首領はそういって、ふたりの男になにかあいずしました。すると、男のひとりが、小林君のなわじりを取って、どこかへつれていくのです。
                         首領の部屋を出て、くらい廊下を少し行きますと、むこうに、動物園のおりのような鉄ごうしが、見えてきました。おや、この地下室には猛獣(もうじゅう)でもかってあるのかしら、と思っていますと、男は、
                        「さあ、小僧、ここがおまえの部屋だ。どうだ気にいったかね。へへへ……、居ごこちのよさそうな部屋じゃねえか?!?span>
                        と、にくにくしくいいながら、小林君のなわをとって、その鉄ごうしのすみにある開き戸から、中へおしこんでしまいました。
                         それは、おりではなくて、地底の牢獄だったのです。小林君のための客間というのは、つまりこの鉄ごうしの牢だったのです。
                         男は小林君をそこに入れますと、ポケットからかぎを出して、開き戸についている(じょう)まえに、ピチンとかぎをかけました。
                        「へへへ……、まあ、そこでゆっくり休むがいい。すみにはわらぶとんもおいてあるからね。それから、食いものは、三度三度ちゃんと持ってきてやるから、心配しないがいいよ。おまえをうえ死にさせちゃいけないって、首領のいいつけだからね?!?span>
                         男は鉄ごうしの外から、牢の中をのぞきこみながら、さもおもしろそうにいうのです。
                         見ると、牢というのは、三畳じきほどのコンクリートの部屋で、くさくて、きたないわらぶとんのベッドがおいてあるほかは、ライオンやトラのおりと少しもかわりがありません。小林君は、つめたいコンクリートの床の上にすわったまま、こんなところに、しばらく住まなければならないのかと思うと、うんざりしてしまいました。
                        「へへへ……、いやにだまりこんでいるね。あんまり、部屋がりっぱなので、びっくりしているのかい。へへへ……、だが、おまえ小さいくせになかなか感心だねえ、ちっとも泣かないねえ。いい子だよ。ごほうびに、何か持ってきてやろうか。え、腹はへらないかね。それとも水でものむかね?!?span>
                         男はいつまでも、小林君をからかっているのです。鉄ごうしに顔をくっつけるようにして、目をむいたり、口をゆがめたり、へんな顔を見せて、おもしろがっているのです。
                         小林君は腹がたちましたが、心の中で、
                        「今にみろ、ひどいめにあわせてやるから?!工趣膜证浃胜?、じっとこらえていました。それにしても、いわれてみると、おなかは、それほどでもありませんが、のどがかわいてしかたがないのです。そこで、
                        「ぼく、のどがかわいたから、牛乳をください?!?span>
                        と、ぶっきらぼうにいいますと、男は笑いだして、
                        「へへへ……、はじめて口をきいたね。牛乳をくださいか。なかなかぜいたくなことをいうねえ。よしよし、それじゃ、牛乳を持ってきてやるよ?!?span>
                        といいすてたまま、どこかへ立ちさりましたが、やがて、牛乳を入れたコップを持って、もどってきました。
                        「さあ、ご注文の牛乳だ。毒なんかはいっていないよ。安心してのむがいい。おまえは、だいじな人質なんだからね?!?span>
                         そして、小林君が牛乳をのんでいるあいだ、男はまたみょうな顔をしたり、へんなしゃれをいったりして、さんざんからかっていましたが、やがて、それにもあきたのか、開き戸の錠まえをねんいりにしらべたうえ、どこかへ行ってしまいました。
                         腕時計を見ますと、さいわい、こわれもせず動いていましたが、時間はもう午後の六時でした。
                        「よし、今のうちにねむっておこう。そして、夜中になったら、ひとはたらきするんだ。見ているがいい。きっと悪者たちの秘密をあばいてやるから?!?span>
                         小林君はこんなことを考えながら、すみのわらぶとんのベッドの上に、ごろりと橫になりました。春のことですから、そんなに寒いというほどでもないのです。
                         大膽な小林君は、やがてそのかたいわらぶとんの上で、ぐっすりねむってしまいました。しばられたり、長イスの中にとじこめられたりして、つかれていたものですから、八時間ほどもぶっとおしにねむって、目をさましたのは、もう夜中の二時でした。

                        輕松學日語,快樂背單詞(免費在線日語單詞學習)---點擊進入
                        頂一下
                        (0)
                        0%
                        踩一下
                        (0)
                        0%

                        熱門TAG:
                        [查看全部]  相關評論
                        浓毛BBwBBWBBwBBw
                        <sub id="1h9nr"><dfn id="1h9nr"></dfn></sub>

                        <address id="1h9nr"></address>

                                          <form id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"></nobr></nobr></form>
                                          <address id="1h9nr"></address>
                                            <address id="1h9nr"><listing id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"></nobr></listing></address>