<sub id="1h9nr"><dfn id="1h9nr"></dfn></sub>

<address id="1h9nr"></address>

                    <form id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"></nobr></nobr></form>
                    <address id="1h9nr"></address>
                      <address id="1h9nr"><listing id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"></nobr></listing></address>
                        返回首頁
                        當前位置: 首頁 »日語閱讀 » 日本名家名篇 » 江戶川亂步 » 正文

                        大金塊-大抓捕

                        時間: 2021-10-28    進入日語論壇
                        核心提示:大捕り物 まんまと賊をあざむき、首領をびっくりさせるような手紙までのこして、地下室をぬけだした小林少年は、何よりもまず、
                        (單詞翻譯:雙擊或拖選)

                        大捕り物


                         まんまと賊をあざむき、首領をびっくりさせるような手紙までのこして、地下室をぬけだした小林少年は、何よりもまず、その地下室の上には、どんな建物が建っているのか、また、そこはなんという町なのかということを、たしかめなければなりませんでした。
                         なぜといって、小林君が賊のために、この地下室へつれられてきたときには、長イスの中にとじこめられていて、まったく外を見ることができなかったからです。
                         地下室の階段をかけあがって、あたりを見まわしますと、そこはコンクリートのヘイにかこまれた庭の中で、地下の真上にあたるところには、古い木造の洋館が建っていました。
                         コンクリートのヘイにそって走っていきますと、まもなく門のところに出ました。正面の門のとびらはぴったりしまっていましたが、そのわきのくぐり戸があいていたので、小林君は、なんなく門の外に出ることができました。
                         外に出て、門燈の光で、門の柱を見あげますと、そこに出ている表札には「目黒(めぐろ)上目黒(かみめぐろ)六丁目一一〇〇、今井(いまい)きよ」という女の名まえが書いてありました。
                         今井きよというのは、あの美しい女首領の偽名にちがいありません。こんなやさしそうな名まえで世間の目をごまかして、地下室では、覆面をして男になりすまし、おおぜいの手下を自由に追い使っているのです。
                         じつにうまく考えたものです。あの美しい女の人が大どろぼうだなんて、だれだって夢にも思わないでしょうからね。
                         でも、小林君は、そんなことを、考えているひまもありません。ぐずぐずしていれば、賊の手下が追っかけてくるのですから、ただ表札の町名番地と名まえとを、すばやく暗記して、そのままかけだしました。
                         少し行きますと、道のわきに、まっくらな原っぱみたいなところがありましたので、小林君はそこへかけこんで、くらやみの中で、変裝の覆面を取り、ルパシカをぬいで、もとの服の少年姿になりました。
                         そして、覆面とルパシカとは小さくまるめて、こわきにかかえ、にぎやかな表通りのほうへ急ぎました。
                        「なんにしても、早くこのことを、明智先生にお知らせしなければならない。先生きっと心配していらっしゃるだろうからなあ。ああ、ちょうどいい。あすこに公衆電話があるから、帰るまえに電話でお知らせしておこう?!?span>
                         小林君はとっさに思いついて、その町かどにあった公衆電話へとびこみました。
                        「ああ、小林君か。どこからかけているんだ。え、うまく逃げだしたって? 暗號も手に入れた? それはえらい。さすがにきみだ。きみなら、きっとうまくやるだろうと思ったが、しかし心配していたよ。よかった。よかった?!?span>
                         電話のむこうから、明智先生の聲があわただしく聞こえてきました。
                         小林君は賊の首領が女であること、今井きよという名まえで上目黒の洋館に住んでいることなどを、てみじかに知らせたあとで、女首領にあてて、手紙をのこしてきたことをいいますと、明智探偵は心配そうな聲で、
                        「きみ、その手紙に自分の名を書きやしなかったかい?!?span>
                        とたずねました。
                        「ええ、書きました。明智探偵の助手の小林って書きました。あいつらが、ぼくを不二夫君と思いこんでいるので、びっくりさせてやろうと思ったのです?!?span>
                        「しまった。そいつはまずかったね。きみにも似あわない、つまらないまねをしたじゃないか?!?span>
                        「どうしてですか?!?span>
                         小林君は不服らしく聞きかえしました。
                        「どうしてって、わかりきっているじゃないか。きみがぼくの助手とわかれば、賊は用心をするにきまっている。逃げだしてしまうかもしれない。せっかくかくれ家がわかったのに、逃がしてしまっちゃ、なんにもならないじゃないか?!?span>
                         小林君はそれを聞いて、ハッとしました。
                         いかにも大失策でした。暗號を取りもどしたことだって、賊に知らせる必要は少しもなかったのです。ただこっそり逃げだしさえすればよかったのです。なんだか賊にいばってやりたいような気がして、手紙なんか書いたのは、たいへんな失敗でした。
                        「先生、ぼく、うっかりしていました。どうしたらいいでしょう?!?span>
                         小林君は、先生に申しわけない気持ちがいっぱいで、もう泣きだしそうな聲になっていました。
                        「その女首領は、きみが逃げだすときには、まだ帰っていなかったんだね?!?span>
                        「ええ、そうです?!?span>
                        「じゃ、まだ、まにあうかもしれない。ぼくはこれからすぐ、警視庁へ電話をかけて、中村君に犯人逮捕の手はずをしてもらっておくから、きみは急いで帰ってくれたまえ?!?span>
                         中村君というのは、警視庁の捜査係長で、明智探偵とは、ごくしたしいあいだがらなのです。
                         小林君は先生にしかられて、がっかりしてしまいましたが、でも、自分の不注意ですから、しかたがありません。二度とこんな失敗はくりかえさないようにしようと、かたく心にちかって、公衆電話を出ました。
                         もう十一時半でしたが、大通りにはまだ人通りがあり、タクシーも通っていましたので、それを呼びとめて、明智探偵事務所へ急ぎました。
                        「先生、とんだ失策をしてしまって申しわけありません?!?span>
                         小林君は明智先生の書斎にはいると、まっさきにおわびをしました。
                        「なあに、そんなにあやまることはないよ。たとえ賊に逃げられたとしても、きみは暗號を手に入れたという大てがらをたてているんだからね。さっきは、ぼくのいい方が、少し強すぎたようだね。気にしないでもいいんだよ?!?span>
                         やっぱりいつものやさしい先生でした。小林君は先生のにこにこ顔を見て、ほっとしましたが、そんなにやさしくいわれますと、いよいよ自分の失策がはずかしくなるのでした。
                        「これが暗號です?;捙_のクリームのつぼの中にかくしてあったのです?!?span>
                         小林君は內ポケットの手帳の中から、暗號の紙きれを出して、先生に手渡し、それを手に入れた順序を報告しました。
                        「うん、よくやったね。たった一晩で、秘密の通路を見つけだし、賊の正體を見やぶり、クリームつぼのかくし場所まで気がつくなんて、きみでなければできないげいとうだよ。ありがとう、ありがとう?!?span>
                         明智探偵は小林君の肩に両手を乗せて、さもしたしげにお禮をいうのでした。小林君はそれを聞いて、なんだか目の奧があつくなるような気がしました。そして、心のなかで、この先生のためなら、命をすてたってかまわないと思うのでした。
                        「暗號の研究は、あとでゆっくりとすることにしよう?!?span>
                         明智探偵は、暗號文の紙を書斎の秘密の金庫の中にしまいました。
                        「きみが、暗號を取りもどしたことは、いま宮瀬さんに電話で報告しておいたよ。宮瀬さんもたいへん喜んでおられた。それから中村警部に電話したが、夜中だけれども、そういう大事件ならば、すぐに部下のものをつれて、賊の逮捕にむかうからということだった。ちょうど、ここは上目黒への通り道だから、中村君たちはここへ立ちよることになっている?!?span>
                        「じゃ、ぼくがご案內しましょうか?!?span>
                        「うん、そうしてくれたまえ。むろん、ぼくもいっしょに行くよ。だが、賊が逃げだしたあとでなければいいがなあ?!?span>
                         そうしているところへ、表に自動車のとまる音がして、中村捜査係長の一行が到著しました。係長のほかに七名の刑事が、二臺の自動車に乗ってやってきたのです。ものものしい捕り物陣です。
                         明智探偵と小林少年とは、前のほうの自動車に乗って、案內役をつとめることになり、二臺の自動車は、そのまま深夜の町を、上目黒めざして、おそろしいスピードで走りだしました。


                        輕松學日語,快樂背單詞(免費在線日語單詞學習)---點擊進入
                        頂一下
                        (0)
                        0%
                        踩一下
                        (0)
                        0%

                        熱門TAG:
                        [查看全部]  相關評論
                        浓毛BBwBBWBBwBBw
                        <sub id="1h9nr"><dfn id="1h9nr"></dfn></sub>

                        <address id="1h9nr"></address>

                                          <form id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"></nobr></nobr></form>
                                          <address id="1h9nr"></address>
                                            <address id="1h9nr"><listing id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"></nobr></listing></address>