<sub id="1h9nr"><dfn id="1h9nr"></dfn></sub>

<address id="1h9nr"></address>

                    <form id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"></nobr></nobr></form>
                    <address id="1h9nr"></address>
                      <address id="1h9nr"><listing id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"></nobr></listing></address>
                        返回首頁
                        當前位置: 首頁 »日語閱讀 » 日本名家名篇 » 江戶川亂步 » 正文

                        大金塊-歹徒的留言

                        時間: 2021-10-28    進入日語論壇
                        核心提示:賊の置き手紙 上目黒につきますと、一同は賊のすみかの百メートルほどてまえで自動車をおり、くらい町を、はなればなれになって
                        (單詞翻譯:雙擊或拖選)

                        賊の置き手紙


                         上目黒につきますと、一同は賊のすみかの百メートルほどてまえで自動車をおり、くらい町を、はなればなれになって、れいの洋館へと近づいていきました。
                         あらかじめ、自動車の中でうちあわせをして、中村捜査係長と明智探偵とは表玄関から、小林少年は五名の刑事の案內をして、地下室から賊のすみかにふみこむことになり、のこりの二名の刑事は、洋館の表門と裏門に見はり番をつとめる手はずになっていました。
                         小林君は刑事たちのさきに立って、用心しながら、れいの階段から地下室へおりていきましたが、入り口の大戸はあけっぱなしになっていて、どこへいったのか、番人の姿も見えません。
                        「へんだな?!工人激い胜?、だんだん奧へはいっていき、五人の部下の寢室の前までたどりつきました。すると、その部屋のドアもあけっぱなしになっていて、ベッドはみなからっぽなのです。なんだか引っ越しでもしたあとのように、がらんとした感じです。
                        「だれもいないようですね?!?span>
                         刑事のひとりが、小林君をせめるようにささやきました。
                        「ええ、逃げてしまったのかもしれません。でも、ともかく首領の部屋までいってみましょう。首領は外出していたのだから、ひょっとしたら、まだ帰っていないかもしれません。そうすれば、待ちかまえていて、とらえることができるのですから?!?span>
                         小林君は、刑事たちをなだめるようにささやきかえして、いよいよれいの秘密の通路のある部屋へはいっていきました。
                         まっくらなぬけ穴の鉄ごうしを、小林君を先頭に、五人の刑事がそろそろよじのぼって、やがて、れいのマンホールのような穴から、地上の建物にぬけだしました。
                         いよいよ首領の寢室です。さかいの厚いカーテンを細目にあけて、そっとのぞいて見ますと、アッ、いる! いる! あの美しい女首領は、なにも知らないで、ベッドの上にねむっているではありませんか。
                         すると、ちょうどそのとき、むこうがわのドアが靜かにあいて、だれかが首領の寢室へしのびこんでくるのが見えました。
                        「おやっ!」と思って見つめていますと、ドアがすっかりあいて、そこにあらわれたのは、ほかでもない、明智探偵と中村係長の姿でした。
                         ふたりは部屋にはいると、すぐベッドの女の人を見つけて、ハッとしたように立ちどまりましたが、とっさに「これが女首領だな?!工趣丹趣盲郡瑜Δ工?、おたがいに目であいずをして、つかつかとベッドのほうへ進みよりました。
                         それとみた小林君は、もうかくれているときでないと思いましたので、やにわにカーテンを開いて、部屋の中にとびこんでいきました。
                         つまり、むこうの入り口からはいった中村係長と明智探偵、こちらのカーテンからとびだしていった小林君と五人の刑事とが、両方からベッドに近づいていったのです。
                         さすがの女賊も、もう運のつきです。両方の出口をふさがれてしまったうえに、こちらは総勢八人、相手はかよわい女ひとりなのですから、どうしたってのがれることはできません。
                         係長が目くばせしますと、ひとりの刑事が、いきおいこんでベッドにつき進んでいきました。女はまだ身動きもしません。起きているのかねむっているのか、目をふさいだままです。
                         刑事はいきなり女賊にくみついていきました。そして、ねまき姿の女をだきあげたかと思うと、
                        「おや?!?span>
                        といって、いきなりそれを床の上へほうりだしてしまいました。
                         女賊はカタンというみょうな音をたてて、そこに橫たわったまま、まるで死人のように身動きもしません。
                        「人形です。これはろう人形です?!?span>
                         人々は刑事の聲に、おどろいて、女の形をしたものに近づいて、その顔をのぞきこみました。
                         それは生きた人間ではなくて、女首領のねまきを著せられたろう人形でした。そのさいくがあまりよくできているので、だれも人形とは気づかなかったのです。
                         やっぱり、賊は小林君の手紙によって、何もかもさとってしまったのです。そして、明智探偵がここへくることを察して、こんな人形を身がわりに寢かせておき、名探偵をアッといわせるつもりだったのです。なんというすばやい、悪がしこいやつでしょう。
                        「おや、人形が、なんだか紙きれをにぎっていますよ?!?span>
                         刑事が人形の手にはさんであった、一枚の紙を取って、明智探偵に手渡しました。それは女首領から明智にあてた手紙だったのです。小林君がしたように、女賊もまけないで、置き手紙をのこしていったのです。
                         それは、つぎのようなうすきみの悪い手紙でした。

                        輕松學日語,快樂背單詞(免費在線日語單詞學習)---點擊進入
                        頂一下
                        (0)
                        0%
                        踩一下
                        (0)
                        0%

                        熱門TAG:
                        [查看全部]  相關評論
                        浓毛BBwBBWBBwBBw
                        <sub id="1h9nr"><dfn id="1h9nr"></dfn></sub>

                        <address id="1h9nr"></address>

                                          <form id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"></nobr></nobr></form>
                                          <address id="1h9nr"></address>
                                            <address id="1h9nr"><listing id="1h9nr"><nobr id="1h9nr"></nobr></listing></address>